著者典拠情報

著者標目形:
宮田, 登(1936-2000)||ミヤタ, ノボル
属性:
Personal
場所:
横浜
日付:
1936-2000
から見よ参照形:
宮田, 登(1936-)||ミヤタ, ノボル
Miyata, Noboru
注記:
専攻: 民俗学
筑波大学教授
「神と仏」 (小学館, 1983) の著者
「神の民俗誌」1979年の奥付には「1936年東京に生まれる」とある
EDSRC:近世の流行神 / 宮田登著 (評論社, 1972.1)
EDSRC:民俗学への道 / 宮田登著 (吉川弘文館, 2006.2) の著者略歴によって没年, SFフィールド (宮田, 登(1936-2000)) を追加
著者典拠ID:
DA00207290


1.

図書

図書
田中宣一, 宮田登編
出版情報: 東京 : 三省堂, 1999.8
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
宮田登, 馬興国編
出版情報: 東京 : 大修館書店, 1998.11
シリーズ名: 日中文化交流史叢書 / 中西進, 周一良編 ; 5
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
宮田登編
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 1998.4
シリーズ名: 現代民俗学の視点 ; 第3巻
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
宮田登著
出版情報: 東京 : 大和書房, 1997.4
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
宮田登著
出版情報: 東京 : 青土社, 1997.8
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
色川大吉, 宮田登編
出版情報: 東京 : 小学館, 1997.5
シリーズ名: 現代の世相 ; 8
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
網野善彦, 石井進, 鈴木稔編
出版情報: 東京 : 名著出版, 1997.1
シリーズ名: 帝京大学山梨文化財研究所シンポジウム報告集 ; . 考古学と中世史研究||コウコガク ト チュウセイシ ケンキュウ ; 6
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
地域論のもつ意味 網野善彦 [執筆]
北日本における中世遺構と埋納遺物について : 考古学資料の地域特性 工藤清泰 [執筆]
土器からみた中世の東国 浅野晴樹 [執筆]
中世前期の摂河泉と瀬戸内 橋本久和 [執筆]
琉球国の地域的構造について 豊見山和行 [執筆]
「民家」建築の地域性 : 建築史学の立場からみた日本列島 玉井哲雄 [執筆]
中世貨幣の普遍性と地域性 中島圭一 [執筆]
東北大名の書状と印判状 大石直正 [執筆]
民俗文化と地域差 宮田登 [執筆]
総括討議にむけて 石井進 [執筆]
中世日本列島の地域性 : 中世考古学及び隣接諸学から 小野正敏, 萩原三雄司会
地域論のもつ意味 網野善彦 [執筆]
北日本における中世遺構と埋納遺物について : 考古学資料の地域特性 工藤清泰 [執筆]
土器からみた中世の東国 浅野晴樹 [執筆]
8.

図書

図書
宮田登編
出版情報: 東京 : 小学館, 1997.3
シリーズ名: 現代の世相 ; 6
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
宮田登著
出版情報: 京都 : 人文書院, 1996.2
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
宮田登著
出版情報: 東京 : 白水社, 1996.3
所蔵情報: loading…