1.

その他

その他
-
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/10227
概要: 1冊 筆写者及び年代不詳 52枚<br />陳侃(ちんかん:1489-1538)は浙江省?県の人で、尚清王の冊封正使(さくほうせいし)として1534年(嘉靖13)に来琉。陳侃の『使琉球録』は冊封使が帰国後、琉球出使に関する記録と して刊行した『冊封使録』の嚆矢である。以後数多く刊行された『冊封使録』の内容はこの『使琉球録』に準じたものが少なくない。写本は冊封に関する事柄を記述した「使事紀略」、琉球に関する群書の異を正した「群書質異」、航海神である天妃の霊験を記述した「天妃霊応記」、そして琉球の方言を表記した「夷語」などからなるが、誤字・脱字・衍字が多く、後に訂正・補筆が行われている。<br />Chen Kan (1489-1538) of Zhejian in Yin county, China, came to Ryukyu in 1534 on an investiture mission to appoint King Sh? Sei.Chen Kan’s “Records of Ryukyu” were used as the start of “Records of Investiture Missions from China” when the investiture missions had returned home. After this, there are some areas where the contents of “Records of Investiture Missions from China” follow the “Records of Ryukyu”.In this copy are, “Shijikiryaku” containing records of things to do with the tributary system, the “Gunshoshitsui” the amended writings of things relating to Ryukyu, the Tempirei?ki” in which miracles of the godess of the seas, Tenpi, are listed, and “Igo” which lists the Ryukyuan language, in which there were many omitted words, characters, and misprints, and so afterwards corrections and improvements were carried out. 続きを見る
2.

その他

その他
鄭嘉訓(書) ; テイ, カクン
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/6293
概要: 12枚 26.9×12.0cm。<br />鄭嘉訓揮毫の行書漢詩。末尾に「鄭嘉訓」「爾方」の方印2顆が認められる。 鄭嘉訓は近世琉球第一の書家で, 薩摩藩主島津斉彬に招かれて藩士の指導にあたったこともあり, 西郷隆盛 もその流だといわれている。 楷行草いずれにも優れ,繊細かつ雄勁な筆致で知られる。<br />Chinese poems written in running script by Tei, Kakun. The stamps Tei, Kakun and Jihou could be identified at the end. Tei, Kakun is the number one calligrapher in modern Ryukyu and has been appointed to teach feudal warriors by the feudal lord of Satsuma- Shimadsu, Nariakira. Saigou, Takamori's style is said to belong to the same school of calligraphy. Tei is known to be superior at printed, running and cursive styles of writing, with his delicate yet powerful brush strokes. 続きを見る
3.

その他

その他
鄭其昌(書) ; テイ, キショウ
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/6297
概要: 1件。2丁。33.0×28.8cm。唐紙。<br />鄭其昌の書。「凡事退一歩想」(オヨソコトハイッポヒキテオモウ)と書かれ、書面左に縦書きで「鄭其昌」(テイキショウ)と名が記してある。右側には「経徳堂」(ケイトクド ウ)の印がある。宮良殿内に伝わった経緯は不明である。鄭其昌は、久米村鄭氏の19世で、道光21(1841)年に生まれ、鄭氏家譜によれば、咸豊元(1851)年に真和志間切(マワシマギリ)古波蔵(コハグラ)村の地頭職に就いている。「経徳堂」は堂号。<br />A book by Tei, Kishou. Take a step back when thinking is written on the cover, with his name written vertically on the left-hand side. Keitokudou is stamped on the right. It is unclear as to how this book became a a part of the Miyara-Dounchi collection. Tei, Kishou is the 19th generation of the Tei family and was born in 1841. According to his genealogical chart, he was employed as the Jittoushoku of Kohagura Village in Mawashi Magiri in 1851. Keitokudou is the name of the hall. 続きを見る
4.

その他

その他
-
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/6239
概要: 1件。10丁。黒地に白の堀付け。<br />作成年代、筆者ともに不明。黒地に白で書かれている。内容は中国北宋の蘇軾が(ソショク)著した「赤壁賦」(セキヘキノフ)の一部である。<br />Date and author unknown. Written in white on a black background. The content is a part of the Chibifu written by Su Shi from northern China of the Song dynasty. 続きを見る
5.

その他

その他
-
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/6218
概要: 1件。7丁。<br />本史料はいわゆる「二十四孝」(にじゅうしこう)である。「二十四孝」とは、孝行の優れた者24人をの言動を収録したのもであり、儒教観念にのっとった道徳を説いたものである。「太舜」(舜帝)から宋代の詩人である山 谷(黄庭堅)まで24人の記事が収録されている。筆写年不明。<br />24 Filial Pieties refers to the record of the words and actions of 24 people who were exellcent at demonstrating filial piety. This book is essentially a book of moral teachings based on Confucianism. Out of the 24 personalities listed, there were Emperor Shun (Tai Shun) and the Chinese poet Shan Gu (Huang Ting-jian). Year written is unknown. 続きを見る
6.

その他

その他
-
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/6212
概要: 1件。52丁。26.5×19.5cm。楮紙。写本。<br />1737年に蔡温によって編集され、首里王府評定所から公布された『杣山法式帳』(1737年)の趣旨を漢文で詳説した もので、1751年頃に中国人にも理解しや すいよう著述したものと推定される。内容は、材木の効用・杣山の森林立地学的見方・遠方よりの森林状況の見方な どが詳説されており、今日でも高く評価されている。現存する『山林真秘』は、本文庫本の1本のみであったが、近年、久米島の上江洲家文書にも同書が確認さ れている。<br />This Chinese document was written based on the contents of SOMOYAMA HOUSHIKICHOU (1737), which was released by the Shuri Government assessment agency in 1737. Edited by Sai, On in the same year, this document was released around 1751, presumably to make it easier for the Chinese to understand its original contents, of which included in detail the uses of wood, academic opinions on the locations of forests and ways to determine the conditions of forests from a distance. This book is still held in high regard today. Until recently, there has been only one copy of SANRINSHINPI in this repository, but another copy has been confirmed in the Uezu Family collection in Kume Island. 続きを見る
7.

その他

その他
松茂姓當賀(筆写) ; マツモセイ, トウガ
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/6238
概要: 1件。69丁。26.5×17.5cm。青雁皮紙。写本。<br />本史料は松茂氏の当賀という人物が筆写したもの。三部構成になっており、それぞれの表題に『呂子節鈔』(ろしせっしょう)巻四・巻五・巻六と記されている。中を 見ると、巻四・巻五・巻六すべて初めに「呂子呻吟語節鈔」と書かれ、その次に「呂叔簡先生著 陳榕門先生節鈔」とある。このことから『呂子節鈔』の原本とは、明代の呂坤(りょこん)という人物がまとめた『呻吟語摘』を、清代の陳弘謀(ちんこうぼう)が節録した『呻吟語録』だと考えられる。巻四には敦倫・應事・居官、巻五には治道・教化・法令・刑罰、巻六には用人・御民などといった項目に分かれて記されている。<br />This was handwritten by Matsumo, Touga and comprises of three parts each titled Volumes 4, 5 and 6 respectively. Each part begins with A record of the words of L?, Zi, followed by By Master L? Shu-jian, Scribed by Master Chen Rong-men. From this we can derive that the original L?zijiechao was the Shenyinyuzhai summarised by L? Kun of the Ming dynasty which was later recorded by Chen Hong-mou of the Qing dynasty. 続きを見る
8.

その他

その他
宮良當整(筆写) ; ミヤラ, トウセイ
出版情報: 1919. 
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/6217
概要: 1件。131丁。26.2×19.0cm。楮紙。<br />本史料は大正八年(1919年)に宮良當整が『孝経』(こうきょう)を書写したものである。『孝経』とは孔子が弟子の曾子に対して考道を述べたのを、曾子の弟子が記録し たものとされており、一巻十八章からなる。文中に「松茂氏 當親」という名前が確認でき、この人物によって最初に書写されたと考えられる。またこの写本の構成について、原本である『孝経』と比較すると章の並び方が異なっている。<br />A copy of the Xiao Jing written by Miyara, Tousei in 1919. Xiao Jing is a record of Confucius' teachings to his disciple Zeng Zi, and has 18 chapters. The name Matsumo, Toushin was identified in the text and is believed to be the first one to have made a copy of the original. The arrangement of chapters seemed to differ from the original version. 続きを見る
9.

その他

その他
青木嵩山堂(出版) ; アオキ, スウザンドウ
出版情報: 1892-09. 
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/6240
概要: 1件。25丁。24.6×17.7cm。唐紙。明治25(1892)年9月20日。版本。<br />本史料は、書家湯川梧窓(ゆかわごそう)による書の手本であり、青木崇山堂より明治25(1892)年9月に出版された第2版で ある。中国の書家である王羲之(おうぎし)の記した「蘭亭序(らんていじょ)」を四つの書体であらわしている。<br />This is a book of model calligraphy by the calligrapher Yukawa, Gosou and is the second edition printed in September 1892 by Aoki, Suusandou (publisher). Lantingji, which was written by the famous Chinese calligrapher Wan Xi-zhi was written in four different fonts. 続きを見る
10.

その他

その他
松茂氏當整(筆写) ; マツモシ, トウセイ
出版情報: 1888. 
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/6208
概要: 1件。18丁。23.3×14.8cm。楮紙。<br />本史料は、光緒14(1888)年に松茂氏當整(まつもしとうせい)によって筆写されたものである。タイトルに示されている通り、内容は行書体で書かれた漢詩集であるが、 同じ詩が重複したり、白抜きの詩も含まれている。<br />A copy written by Matsumo, Tousou in 1888. As suggested by the title, the contents are Chinese poems written in running script. However, there are instances where the same poem was repeatedly written and some characters only had their outlines traced. 続きを見る