1.

図書

図書
ed. by B. C. Kuo
出版情報: Illinois : Incremental Motion Control Systems Society, 1987
所蔵情報: loading…
2.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
岡本, 牧子
出版情報: 日本科学教育学会研究会研究報告.  34  pp.81-86,  2020-06-20. 
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/46328
概要: 日本の手漉き和紙技術は,ユネスコの無形文化遺産に登録されるなど世界に発信できる日本独自の文化である.特に南西諸島及び台湾に生息するアオガンピ(青雁皮)を原料とする琉球紙の製造技術は,沖縄県独自のテーマとして特色のある教材となるが,原料の調達 が困難なため持続可能な教材として未だに確立していない.本研究では,学校現場での原料調達を可能にするべく,中学校技術科の生物育成分野の学習教材として取り扱えるよう,アオガンピの栽培方法やコスト,学習指導計画等を提案し,沖縄県独自の和紙製造技術を教材化することを目的としている.本論文では,アオガンピの栽培方法について専門用語をなるべく使用せず,学校現場でも準備可能な道具や方法についてまとめたので報告する. 続きを見る
3.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
Naruse, Tohru ; 成瀬, 貫
出版情報: Crustacean Research.  49  pp.49-55,  2020-05-09.  Carcinological Society of Japan — 日本甲殻類学会
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/46280
概要: A new species of Hexapinus (Hexapodidae) is described from Hatoma Island, Ryukyu Islands, Japan. Hexapinus patuma, new species, is morphologically close to H. latus Rahayu & Ng, 2014, but can be distinguished by the structures of the carapace and third maxilliped, as well as the degree of setation of ambulatory legs. 続きを見る
4.

その他

その他
佐藤, 崇範 ; Satoh, Takanori
出版情報: 2020-05-07.  島嶼地域科学研究所 — Research Institute for Islands and Sustainability
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/45891
概要: 本リストは、ハワイ大学マノア校ハミルトン図書館が所蔵するマイクロフィルム、“Tochi kankei shorui sonota” に収録されている文書のタイトルをとりまとめたものです。 このマイクロフィルムには、 主に南洋庁時代の土地、山林その他財産の購入・賃貸借に関する日本語で書かれた文書が収録されています。南洋群島における当時の日本人の活動の一端を知るうえで大変貴重な資料ですが、これまで目録等は作成されおらず、学術的な利活用が難しい状態にありました。 そこで島嶼地域科学研究所では、ハワイ大学マノア校ハミルトン図書館パシフィックコレクション担当者の協力のもと現地調査を行い、収録タイトルリスト(暫定版)を作成しました。今後、さらに個別資料の詳細調査等を進め、掲載情報を更新していく予定です。<br />データ収集日:2019年12月8~11日 2020/05/07 第2版公開 2020/03/31 初版公開 続きを見る
5.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
比嘉, 俊 ; Higa, Takashi
出版情報: 科学教育研究.  43  pp.457-467,  2020-04-01.  日本科学教育学会 — Japan Society for Science Education
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/45565
概要: We investigated descriptions of foreign invasive species in textbooks of Living Environment Studies in elementary school, Science in elementary school, Science in junior high school, and Science in high school. Additionally, we investigated the respective curriculum guidelines and their related commentaries. Results reveal no explanation specifically addressing invasive species in the curriculum guidelines of Living Environment Studies or Science in elementary schools. In junior high school, Science includes descriptions that include invasive species in curriculum guidelines and their related commentaries. In high school Science, textbooks introduce invasive species as a subject matter to study developmentally and in an exploratory manner. Textbooks show that learning contents are presented in higher order according to higher grades. However, some room remains for consideration because no formal basis exists for learning about invasive species. We would welcome more research to be dedicated to expanding education about foreign invasive species in educational environments. 続きを見る
6.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
石田, 一之 ; Ishida, Kazuyuki
出版情報: 九州地区国立大学教育系・文系研究論文集 = The Joint Journal of the National Universities in Kyushu. Education and Humanities.  6  pp.1-30,  2020-03-31.  九州地区国立大学間の連携事業に係る企画委員会リポジトリ部会
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/45325
概要: 本稿は、ドイツ語圏における新自由主義の基盤を形成した論者のなかで、みずからの主張を歴史-文化社会学の視点から基礎づけようとしたアレクサンダー・リュストウ(Alexander Rüstow)の代表著作『現代の位置づけ』並びにその他の 著作の検討を通して、歴史-文化社会学的立場に立脚した視点から人間の自由、並びに彼の主要概念である支配を考察し、それとともに、現代における人間の文化的・社会学的状況に関して実質的自由の視点から重要な示唆を得ようとするものである。<br />本論文は「九州地区国立大学教育系・文系研究論文集」Vol.6, No.1,2(2020/3)に査読を経て受理された。 続きを見る
7.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
土屋, 善和 / 千葉, 眞智子 ; Tsuchiya, Yoshikazu ; Chiba, Machiko
出版情報: 琉球大学教職センター紀要 = Bulletin of Center for Professional Development of Teachers.  pp.1-11,  2020-03-31.  琉球大学教職センター
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/45504
8.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
鄭, 谷心 ; Zheng, Guxin
出版情報: 琉球大学教職センター紀要 = Bulletin of Center for Professional Development of Teachers.  pp.13-23,  2020-03-31.  琉球大学教職センター
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/45492
9.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
中尾, 達馬
出版情報: 琉球大学教職センター紀要 = Bulletin of Center for Professional Development of Teachers.  pp.25-30,  2020-03-31. 
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/45493
概要: 本研究の目的は、母親へのアタッチメントが安定している児童ほど(母親に対するアタッチメント不安やアタッチメント回避が低い児童ほど)、学級満足度、学校生活意欲、ソーシャルスキルが高いかどうかを明らかにすることであった。調査対象者は、小学4 年生 から6 年生の児童196 名(平均年齢10.5 歳:男児90 名、女児106 名)であった。調査の結果、(1) 母親へのアタッチメント不安やアタッチメント回避が低いほど、学級満足度、学校生活意欲、ソーシャルスキルは高いこと、(2) 全体的に見て、アタッチメント回避は、アタッチメント不安に比べて、学級満足度、学校生活意欲、ソーシャルスキルと関連しやすいこと、(3) 学級満足度においては、アタッチメント回避は承認得点と、アタッチメント不安は被侵害得点と関連すること、が示された。以上の結果から、児童期において、母親へのアタッチメントの安定性が学校生活を支える基盤として機能している可能性、が示唆された。<br />The purpose of this study was to reveal whether or not the more children had attachment security totheir mother (i.e., the less children had attachment anxiety or attachment avoidance to their mother), themore they had class satisfaction, school life motivation, and social skills. Participants were 90 boys and106 girls in grades 4-6 (mean age = 10.5 years). Main findings were as follows: (1) The lower they hadattachment anxiety or attachment avoidance, the more they had class satisfaction, school life motivation,and social skills, (2) As a whole, attachment avoidance had more numbers of signifi cant correlation effi cientthan attachment anxiety in class satisfaction, school life motivation, and social skills, (3) Low attachmentavoidance related to high recognition score, and low attachment anxiety related to low intrusiveness scorein class satisfaction scale. These results could be interpreted that secure attachment to their mother couldprovide the developmental foundation that supported their school life in middle childhood. 続きを見る
10.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
岡花, 祈一郎 ; Okahana, Kiichiro
出版情報: 琉球大学教職センター紀要 = Bulletin of Center for Professional Development of Teachers.  pp.31-39,  2020-03-31.  琉球大学教職センター
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/45505