アンテナパターン多重による大規模出力・低コスト受信アンテナに関する研究

資料種別:
論文(リポジトリ)
責任表示:
齋藤, 将人 ; Saito, Masato
言語:
日本語
出版情報:
電子情報通信学会 — THE INSTITUTE OF ELECTRONICS,INFORMATION AND COMMUNICATION ENGINEERS, 2020-09-25
著者名:
掲載情報:
電子情報通信学会技術研究報告
ISSN:
0913-5685  CiNii Articles  Webcat Plus  JAIRO
2432-6380  CiNii Articles  Webcat Plus  JAIRO
巻:
120
通号:
179
開始ページ:
23
終了ページ:
28
バージョン:
publisher
概要:
筆者らは,これまで,Single-Input Multiple-Output (SIMO) や Multiple-Input Multiple-Output (MIMO)および大規模MIMOにおける受信アンテナのハードウェアコスト削減法としてアンテナパターン多重 (Antenna Pattern Multiplexing; APM) 技術に着目して研究を行ってきた.本稿では,APMの原理について時変指向性利得として,周波数分割多重および符号分割多重に基づく周期波形を用いて説明 を試み,単一のアンテナ系統から,複数の分離可能なアンテナ出力が得られることを示す.<br />We have been studied Antenna Pattern Multiplexing (APM) technique suitable for receivers of Single-Input Multiple-Output (SIMO), Multiple-Input Multiple-Output (MIMO), and massive MIMO systems. APM technique has potential to reduce the hardware cost of the receivers, for example, size of antenna, the number of required cables, cabling cost, calibration cost, maintenance cost, etc. In this paper, we try to explain the principle of APM with time-variable directional gain designed based on Frequency Division Multiplexing (FDM) and Code Division Multiplexing (CDM). Through the paper, we show how to obtain multiple distinguishable antenna outputs from a single Radio Frequency (RF) front-end. 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/20.500.12000/47205
eリソース
Loading

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

齋藤, 将人, Saito, Masato

一般社団法人電子情報通信学会

吉田, 豊(1942-)

日本コンサルタント・グループ

Alimo, David, Saito, Masato

The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers, 電子情報通信学会

海外技術情報センター

海外技術情報センター

鈴木, 一雄(1923-)

オーム社

海外技術情報センター

海外技術情報センター

10 図書 アンテナ工学

遠藤, 敬二(1920-), 佐藤, 源貞, 永井, 淳(1929-)

総合電子出版社

虫明, 康人(1921-)

コロナ社

12 図書 アンテナ工学

遠藤, 敬二(1920-)

日刊工業新聞社