沖縄地域における柑橘類の生態に関する研究 : 第 III 報 早生温州 C. unshiu ver. praeox TANAKA の着花(果)特性について(農学科)

資料種別:
論文(リポジトリ)
責任表示:
比嘉, 照夫 ; 米盛, 重友 ; Higa, Teruo ; Yonemori, Shigetomo
言語:
JPN
出版情報:
琉球大学農学部, 1976-12-01
著者名:
掲載情報:
琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus
ISSN:
0370-4246  CiNii Articles  Webcat Plus  JAIRO
通号:
23
開始ページ:
105
終了ページ:
114
バージョン:
publisher
概要:
本研究は, 沖縄地域における早生温州の収穫期の大幅なずれの安定化を目的として, 特にその主因となっている着花特性についての調査を行なった結果, 次の諸点が明らかとなった。1.着花率は, 新梢の発生時期(令)と深い関係にあり, 発生時期の早いものほど高くなり, おそくなるにしたがって低下する。2.開花期も着花率同様に, 発生時期の早い新梢ほど早期開花となっている。3.樹全体の開花期間は, 梢枝の発生回数の1&acd;2回の場合は, 20&acd;25日以内で比較 的短いのに対し, 3&acd;4回の場合は, 35&acd;40日以上も長くなっている。4.各季発生別の梢枝内の開花期間は極めて短く, 5&acd;6日以内である。5.冬季の平均気温が20℃以上の場合は着花率は著しく低下する。6.冬季の平均気温が高い場合は, 開花期は早くなる傾向にあるが, 逆に開花期間は長くなっている。7.以上のことは, 沖縄地域の冬季の気温が花芽の分化と発達の条件を併有するために, 生じるものと判断される。<br />With the object of Citrus unshiu ver. praeox TANAKA to make the havest constant, this study was carried out to investigate the special reference of the flowering in Island of Okinawa. The results obtained are briefly summarized as fallow. 1. The rate of flower set is closely connected with the sprouting time of new shoots. The new shoots sprouted earlier show higher rate of flower set than later. 2. Like the rate of flower set, the blooming time is earlier in the new shoots sprouted earlier than those sprouted later. 3. The length of the blooming time on the whole branches of a tree is 20 to 25 days in the case of the new shoots sprouted once or twice per year. It takes over 35 to 40 days in the case of the shoots sprouted three or four times. 4. The length of the blooming time is extremely short, 5 to 6 days. 5. The rate of flower set is considerably decreased when the tempereture is over 20C. 6. When the mean tempereture in. the winter is higher, the time of blooming seems to be earlier, but in the contrary the length of blooming is longer. 7. This shows that the phenomena mentioned above are brought about as the tempereture of the winter in the Island of Okinawa has both conditions of the differentiation and the developmental growth of flower buds. 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/20.500.12000/4291
eリソース
Loading

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

比嘉, 照夫, 米盛, 重友, Higa, Teruo, Yonemori, Shigetomo

琉球大学農学部

比嘉, 照夫, 平良, 文男, 米盛, 重友, Higa, Teruo, Taira, Fumio, Yonemori, Shigetomo

琉球大学農学部

比嘉, 照夫, Higa, Teruo

琉球大学農学部

比嘉, 照夫, 米盛, 重友, Higa, Teruo, Yonemori, Shigetomo

琉球大学農学部

比嘉, 照夫, 竹島, 久善, Higa, Teruo, Takeshima, Hisayoshi

琉球大学農学部

比嘉, 照夫, 上原, 周夫, 小橋川, 共志, Higa, Teruo, Uehara, Chikao, Kobashigawa, Kiyoshi

琉球大学農学部

米盛, 重友, Yonemori, Sigetomo

琉球大学農学部