タイ国中部における農業水収支に関する 2,3 の考察(農業工学科)

資料種別:
論文(リポジトリ)
責任表示:
城間, 理夫 ; Shiroma, Michio ; Chunkao, Kasem
言語:
ENG
出版情報:
琉球大学農学部, 1980-11-29
著者名:
掲載情報:
琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus
ISSN:
0370-4246  CiNii Articles  Webcat Plus  JAIRO
通号:
27
開始ページ:
183
終了ページ:
201
バージョン:
publisher
概要:
タイ国中部では降雨量の大部分は雨季のみに集中するが, 雨季においてさえ降雨量だけではイネやその他の作物の栽培に必ずしも十分でない場合がある。さらに, 雨季の各月の雨量は年による変動が大きい。これらの原因による水不足は, この地域を支配する河川の上流域から流入する自然溢水やカンガイ水によって補われている。近年, 上流域にいくつかの巨大なダムが出来たため, 中部では乾季においてさえある程度のカンガイが可能になった。本報告は, この地域におけるカンガイ計画に利用するために, 農業上 の水収支に関連のある2,3の点について研究結果をまとめたものである。結果は次のとおりである。1.雨季の入りと明けの日は, 中部では表1のとおりである。2.各地において, 雨季の各連続30日間の少雨ひん度を求めるとその時間的分布は図4のとおりである。3.各地における少雨量の非超過確率は表2のとおりである。4.自然降雨で不足する分を補うための水田補給水量を推定できるように, 各地の水不足の確率を推算した。その結果は表6のとおりである。また, サトウキビ畑の水不足の確率も推算した。その結果は表7のとおりである。5.雨季最盛期の8月と9月の合計降雨量について, 中部と上流域との間の単純相関係数を求めた。これは中部3地点と上流域4地点のそれぞれの地点平均雨量を使って計算したが, その値は-0.56になった。t-分布検定によると, かなり高い有意性を示す値である。これは, 両地域でこのころの雨量にかなり高い負の相関があることを示している。中部における水収支からみて望ましい傾向である。<br />Some factors related to agricultural water balance in the central part of Thailand were statistically studied. For further studies on water balance in the area, it is necessary to know water holding capacity of the soil, availability of groundwater, measured values of consumptive use of water of other crops, and so on. The results obtained from the present studies are as follows : 1. The dates of the beginning and end of the rainy season and their fluctuation from year to year in the central part have been obtained for four locations as shown in Table 1. 2. The frequency distribution of little values of 30-day rainfall for each consecutive 30 days in the rainy season has been obtained for four locations in the central part as shown in Fig. 4. 3. The return period of little values of monthly rainfall has been obtained for four locations in the central part as shown in Table 2. 4. A table usable to estimate net water supply by irrigation or by natural inundation necessary to make up for rainfall shortage of the rice field in the central part has been obtained for four locations as shown in Table 6,and another table for the rough estimation of net water supply to the sugar cane field has been obtained as shown in Table 7. 5. In order to find whether any correlation in rainfall in the midst of the rainy season exists between the central part and the watershed upstream, the correlation coefficient of the location average of two-month rainfall for August and September was calculated by using rainfall data for seven locations in the two areas. The obtained value of -0.56 shows that fairly high reverse correlation in the two-month rainfall exists between the two areas. 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/20.500.12000/4099
eリソース
Loading

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

城間, 理夫, Shiroma, Michio

琉球大学農学部

城間, 理夫, Shiroma, Michio

琉球大学農学部

城間, 理夫, Shiroma, Michio

琉球大学農学部

城間, 理夫, Shiroma, Michio

琉球大学農学部

城間, 理夫, Shiroma, Michio

琉球大学農学部

城間, 理夫, Shiroma, Michio

琉球大学農学部

城間, 理夫, Shiroma, Michio

琉球大学農学部

上野, 正実, 泉, 裕巳, 國府田, 佳弘, 秋永, 孝義, Ueno, Masami, Izumi, Hiromi, Kohda, Yoshihiro, Akinaga, Takayoshi

琉球大学農学部

城間, 理夫, Shiroma, Michio

琉球大学農学部

城間, 樹, Shiroma, Itsuki

琉球大学大学院教育学研究科

城間, 理夫, Shiroma, Michio

琉球大学農学部

12 図書 農業水利

狩野, 徳太郎(1901-)

養賢堂