農薬生産用農産食料製造-澱粉粒の染料吸着(農芸化学科)

資料種別:
論文(リポジトリ)
責任表示:
小波本, 直忠 ; Kobamoto, Naotada
言語:
ENG
出版情報:
琉球大学農学部, 1980-11-29
著者名:
掲載情報:
琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus
ISSN:
0370-4246  CiNii Articles  Webcat Plus  JAIRO
通号:
27
開始ページ:
139
終了ページ:
147
バージョン:
publisher
概要:
染料視覚阻害剤を開発する目的で, 13種の澱粉, 3酸性染料, 3塩基性染料, 及び3両性染料を用いて, 澱粉粒への染料吸着を調べた。染料吸着量は, 塩基性染料>酸性染料>両性染料であった。酸性染料中, 小径澱粉粒が大径澱粉粒より高い吸着を示した。陽イオンの染料吸着に与える影響は, 二価が一価より高かった。イオンの高濃度(イオン強度0.1)では, 酸性染料及び塩基性染料の吸着は低下したが, 両性染料は, 特定の澱粉については増加を示した。全澱粉について, メタノー ル中での吸着は, ほぼ零に近かった。メタノール, エタノール, プロパノール, 及びブタノール中での溶媒蒸発法による吸着では, メタノールとエタノールが高く, プロパノール, 次にブタノールの順に低下した。メタノール蒸発法による染料吸着は, 水溶液中の吸着より高かった。塩基性染料及び両性染料は, 澱粉粒径が大となるに従い吸着量が高かった。これらの現象を説明するために, 澱粉粒の表面及び内部に於けるイオン結合形成の可能性が提案された。<br />In order to develop dye vision-inhibitor, dye adsorption onto starch granules was studied using 13 starches, 3 acidic dyes, 3 basic dyes, and 3 amphichroic dyes. The amounts of dye adsorption were in the order of basic dyes> acidic dyes> amphichroic dyes. Among acidic dyes, small size starches gave a greater adsorption than large size starches. The effect of cations was greater with divalent ions than monovalent ions. At a higher ionic concentration (0.1 M), the adsorption of acidic dyes and basic dyes decreased while that of amphichroic dyes increased for some starches. Onto all starches, the amount of dye adsorption in methanol sulutions was about nul. When a solvent-evaporation method was applied to methanol, ethanol, propanol, and butanol solutions, dye adsorption was greater in methanol and ethanol and decreased as the number of carbons increased. Dye adsorption onto starches in methanol solutions with the solvent-evaporation method was generally greater than that in aqueous solutions. It was also shown that the adsorption of basic dyes and amphichroic dyes increased as the size of starch granules increased. The involvement of ionic bond formation at not only granular surface but also the inner phase of starch granules was proposed for the explanation of the results observed. 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/20.500.12000/4094
eリソース
Loading

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

小波本, 直忠, Kobamoto, Naotada

琉球大学農学部

小波本, 直忠, 当山, 勝, 清水, 俊秀, Kobamoto, Naotada, Toyama, Masaru, Shimizu, Toshihide

琉球大学農学部

小波本, 直忠, Kobamoto, Naotada

琉球大学農学部

小波本, 直忠, Kobamoto, Naotada

琉球大学農学部

小波本, 直忠, Kobamoto, Naotada

琉球大学農学部

小波本, 直忠, 玉城, 香子, Kobamoto, Naotada, Tamaki, Kaori

琉球大学農学部

安田, 正昭, 奥浜, 真時, 坂口, 真樹, 小波本, 直忠, Yasuda, Masaaki, Okuhama, Shinji, Sakaguchi, Maki, Kobamoto, Naotada

琉球大学農学部

小波本, 直忠, 大城, 直子, Kobamoto, Naotada, Oshiro, Naoko

琉球大学農学部

安田, 正昭, 加藤, 義男, 石川, 達, 多和田, 真吉, 小波本, 直忠, 当山, 清善, Yasuda, Masaaki, &hellip;

琉球大学農学部

小波本, 直忠, 大城, 直子, Kobamoto, Naotada, Oshiro, Naoko

琉球大学農学部

青柳, 太陽

理工学社