ゲッカビジンの退緑斑紋葉から分離されたサボテン・X・ウイルス(農学科)

資料種別:
論文(リポジトリ)
責任表示:
与那覇, 哲義 ; Yonaha, Tetsuyoshi
言語:
JPN
出版情報:
琉球大学農学部, 1980-11-29
著者名:
掲載情報:
琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus
ISSN:
0370-4246  CiNii Articles  Webcat Plus  JAIRO
通号:
27
開始ページ:
19
終了ページ:
25
バージョン:
publisher
概要:
1975年に那覇市首里で採集したゲッカビジンの退緑斑紋株から分離されたウイルスの寄主範囲, 物理的性質およびウイルス粒子の形態について実験を行ない, これをサボテン・X・ウイルス(Cactus virus X)と同定した。本ウイルスは, 容易に汁液伝染し, その寄主範囲はサボテン科, アカザ科, ヒユ科およびツルナ科であり, サボテン科以外の植物はすべて局部感染寄主であった。物理的性質は, 耐熱性は80&acd;85℃, 耐希釈性は10^<-5>& acd;10^<-6>および耐保存性は20℃においては130日以上, 4℃では400日以上にあった。ウイルス粒子は, ひも状で長さ約525nm, 幅13nmである。県内のウチワサボテンおよびサンカクサボテンなどには本ウイルスの病徴に類似した病株が見られることから本ウイルスは広く分布しているように思われる。<br />A virus was isolated from broadleaf cactus plant (Epiphyllum strictum) showing severe mottle on the pads at Naha-city, Okinawa prefecture in 1975. The virus was transmitted by sap-inoculation from diseased plant to the families Cactaceae, Chenopodiaceae, Amaranthaceae and Aizoaceae. It caused chlorotic ringspot and spot on the pads of cactus plants. Local lesions were produced on inoculated leaves of other host plants. Among them, Cerosia cristata was found to be a useful local lesion assay host. The virus was inactivated in ten minutes between 80℃ and 85℃ and more than 130 days at 20℃. Dilution end point was between 10^<-5> and 10^<-6>. The rod-shaped virus particles were found in leaf-dip preparations of cactus and Tetragonia expansa under electron microscopy and was 525nm long. The virus was identified as an isolate of cactus virus X, and from symptoms in cactus plants it is suggested that the virus is widely distributed in Okinawa. 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/20.500.12000/4083
eリソース
Loading

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

与那覇, 哲義, Yonaha, Tetsuyoshi

琉球大学農家政学部

与那覇, 哲義, Yonaha, Tetsuyoshi

琉球大学農学部

与那霸, 哲義, 花城, 良広, 田盛, 正雄, Yonaha, Tetsuyoshi, Hanashiro, Yoshihiro, Tamori, Masao

琉球大学農学部

与那覇, 哲義, 田盛, 正雄, 山入端, 正一, 仲宗根, 徹, Yonaha, Tetsuyoshi, Tamori, Masao, Yamanoha, Shoichi, Nakasone, Toru

琉球大学農学部

9 論文(リポジトリ) 植物ウイルス病について (1)

与那覇, 哲義, Yonaha, Tetsuyoshi

琉球大学農家政学部

与那覇, 哲義, 田盛, 正雄, 根川, 守, 桑江, 忠, 久部良, 敦子, Yonaha, Tetsuyoshi, Tamori, Masao, &hellip;

琉球大学農学部

10 論文(リポジトリ) 植物ウイルスについて (2)

与那覇, 哲義, Yonaha, Tetsuyoshi

琉球大学農家政学部

与那覇, 哲義, 永田, めぐみ, 河野, 伸二, 田盛, 正雄, Yonaha, Tetsuyoshi, Nagata, Megumi, Kawano, Shinji, Tamori, Masao

琉球大学農学部

11 論文(リポジトリ) 植物ウイルス病について (3)

与那覇, 哲義, Yonaha, Tetsuyoshi

琉球大学農家政学部

与那霸, 哲義, Yonaha, Tetsuyoshi

琉球大学農学部

12 論文(リポジトリ) 蔬菜の主要病害虫の防ぎ方 (1)

与那覇, 哲義, Yonaha, Tetsuyoshi

琉球大学農家政学部