沖縄地域における柑橘類の生態に関する研究 : 第 9 報 早生温州の着果安定に対する 2,4-D の効果について(農学科)

資料種別:
論文(リポジトリ)
責任表示:
比嘉, 照夫 ; Higa, Teruo
言語:
JPN
出版情報:
琉球大学農学部, 1982-12-01
著者名:
掲載情報:
琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus
ISSN:
0370-4246  CiNii Articles  Webcat Plus  JAIRO
通号:
29
開始ページ:
1
終了ページ:
5
バージョン:
publisher
概要:
沖縄地域における早生温州の着果安定を目的とし, 2,4-Dの効果について検討した結果次の諸点が明らかとなった。1,11,3月上旬の2,4-D10&acd;20ppmの3回散布は冬&acd;春期の落葉を防止し着果率を著しく増加させる。50ppm以上の濃度では葉が黄化し畸形果の発生が多くなり, 新梢も畸形となる。処理樹が窒素不足となった場合は二次落果期に落葉が多くなるため, 窒素不足にならないようにすることが望ましい。<br />The purpose of this study was to get the fruit set of citrus unshu (Satsuma wase) using 2,4-D. The results of this study are as follows. 1. Three times treatment of 10-20ppm of 2,4-D early in January, November and March prevented the defoliation during the winter and spring, and increased remarkably the fruit set percentage. 2. At concentrations above 50ppm of 2,4-D, the leaves were etiolated and revealed a number of the malformed fruits, and the current shoot became malformed. 3. In the case of nitrogen defficiency, the defoliation was increased considerably during the second fruit drop, therefore it is desirable to give a suitable quantity of nitrogen. 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/20.500.12000/4018
eリソース
Loading

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

比嘉, 照夫, 米盛, 重友, Higa, Teruo, Yonemori, Shigetomo

琉球大学農学部

比嘉, 照夫, Higa, Teruo

琉球大学農学部

比嘉, 照夫, 米盛, 重友, Higa, Teruo, Yonemori, Shigetomo

琉球大学農学部

比嘉, 照夫, 米盛, 重友, Higa, Teruo, Yonemori, Shigetomo

琉球大学農学部

比嘉, 照夫, 竹島, 久善, Higa, Teruo, Takeshima, Hisayoshi

琉球大学農学部

比嘉, 照夫, 平良, 文男, 米盛, 重友, Higa, Teruo, Taira, Fumio, Yonemori, Shigetomo

琉球大学農学部

比嘉, 照夫, Higa, Teruo

琉球大学農学部

比嘉, 照夫, 上原, 周夫, 小橋川, 共志, Higa, Teruo, Uehara, Chikao, Kobashigawa, Kiyoshi

琉球大学農学部

比嘉, 照夫, 喜屋武, 清子, 米盛, 重保, Higa, Teruo, Kiyan, Kiyoko, Yonemori, Shigeyasu

琉球大学農学部

米盛, 重保, 比嘉, 照夫, Yonemori, Shigeyasu, Higa, Teruo

琉球大学農学部